知多5市エリアに建てたい人必見!注文住宅計画ナビ

公開日: |最終更新日時:

平屋と二階建てどっちで建てた方がいい?

二階建てが主流の戸建て住宅ですが、生活のしやすさから平屋を希望される方も多くなっているようです。平屋と二階建て、それぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

平屋とは

平屋とは 2階や階段のない、1階建ての建物のことです。比較的ゆったりとした間取りで建てられる方が多いようです。階段がなく高齢世代に人気があると思われがちですが、平屋を希望される方は世代を問わず、注目されています。

平屋のメリットとは?

平屋建て住宅のメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。構造上のメリットと、生活していくうえで感じるメリットについて見ていきましょう。

シンプルで安定した構造の家が建てられる

自然災害による大きな被害のニュースを目にすることが多く、快適に住む住宅の条件に「安全」は欠かせません。平屋は、シンプルな構造で安定しやすく、地震の揺れる力が分散されやすくなります。高い建物の地震時の揺れのような、高さによる影響も受けにくいので、倒壊のリスクを押さえられます。さらに耐震性を高めるためには、できるだけ正方形に近い形にする・耐力壁をできるだけ多く使うようにするなどで、より地震に強い平屋の家になります。

動線がコンパクトにできる

平屋で暮らす方の中で平屋で暮らすメリットとして一番多く耳にするのが、動線の良さに関する意見です。年代を問わず「階段の上り降りがなくて楽」「ワンフロアで生活すべてが完結できて生活しやすい」といった声が聞かれます。
若いころに2階建てを購入してに住まわれていた方で、子供が独立し夫婦二人になったのを機に建て替えやリフォームをされる方もいます。そういった方の中でも、将来介護が必要になったときのことを考えて平屋建てのバリアフリーの住宅に建て替えをするという方も増えているようです。

二階建てとは

1階と2階のフロアが室内の階段などによってつながっている家のこと。一戸建てでは二階建てが主流になっていて、1階と2階がほぼ同じ作りの総二階建てから1階よりも2階が小さい面積になっているつくりの部分二階と呼ばれるものまでバリエーションも豊富です。

二階建てのメリットとは?

一戸建て住居では主流になっている二階建て住宅にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

限られた土地でも有効活用できる

2階にも生活スペースを作ることができるので、狭い土地でも有効活用して快適な生活空間の広さを確保できます。特に土地の値段の高い都市部ではほとんどが2階建てになっています。日当たりも確保しやすいので、隣や向かいの建物の距離や目線を考慮して 2階をリビングにすることもできます。

プライバシーに配慮しやすい

1階と2階でプライベート空間をしっかりと分けることができます。例えば二世帯で一緒に生活をする場合、生活時間帯の違う家族と一緒に暮らしていても、階が違うと生活音も気になりにくいのでプライバシーに配慮しやすくなります。

メリットを理解したうえで希望に近いタイプを選ぼう

平屋と二階建てにはどちらにも魅力的な点があります。自分たちのライフスタイルや趣味や好み、老後を見据えた生活などをそれぞれの特徴に照らし合わせ、希望に近いタイプの家を選んでいきましょう。