知多5市エリアに建てたい人必見!注文住宅計画ナビ

注文住宅でおすすめの工務店ガイド【半田・大府・東海・知多エリア】 » 特集!注文住宅で失敗しないための間取りとは

特集!注文住宅で失敗しないための間取りとは

注文住宅を工務店に依頼する前に、住みやすい家の間取り、失敗しないためのポイントとはどのようなものかおさえておきましょう。

注文住宅で失敗を回避するための間取りとは

ズバリ、住みやすい間取りを実現する=失敗しないためのコツは、「新しい家での生活をしっかりとイメージすること」です。

家族の普段の行動パターンを思い起こして、これを間取りに反映させることが重要になります。例えば、平日の朝。顔を洗って、それから次に何をするか。どこでスーツに着替えるか?また夜、帰宅した後はカギやかばんをどこに置くか。

そして、洗面所やクローゼットの位置はどこにすれば自然に動けるか…といった具合に間取りを考えていきます。

このように生活のイメージを間取りに落とし込む際、ぜひとも覚えておきたいキーワードがあります。

それは、「家事動線」という言葉です。

例えば洗濯であれば、「洗濯する→干す→たたむ→しまう→使う→洗濯する」という一連の動線をコンパクトに納める…これが、家事動線の考え方です。家事動線にあった間取りになっていれば日々の暮らしは、だんぜん快適になります。

このように、通過することが多いであろう道筋をしっかり意識しておくと、いざ家を建てた後に不便を感じることは少ないはずです。

間取り・デザインの
提案力に定評がある工務店一覧

注文住宅で失敗しないためのポイントとは

では、より具体的に、間取りを成功させるために重要となるポイントを見ていきましょう。

収納の位置と広さ

注文住宅を建てた方へのアンケートで、後から「失敗した!」と感じるケースが最も多いのが、この収納に関してとのこと。そうなってしまう大きな要因は、図面の上で、平面として判断してしまうからだとか。高さや奥行き、さらには設置する高さなどの要素を、設計時に失念してしまっているからなのだそうです。そうした注意点についてチェックしておきましょう。

注文住宅で注意すべき収納の位置や広さとは?

部屋の数と広さ

限られた面積をいかに有効に使って、どの部屋をどの程度の広さに使うかは、注文住宅を建てる上での楽しさでもあり、難しさでもあります。よくありがちなのは、広いリビングにこだわり、他の部屋にしわ寄せが…というパターンです。また、書斎や和室を作ってみたものの…という例も多いとのこと。そうした事例を、予め知っておくべきです。

注文住宅で注意すべき部屋の数や広さとは?

生活・家事動線

玄関から廊下、階段といった動線は、収納スペースや部屋の広さなどと比べると、失敗したと感じるケースは少ない傾向にあります。だからと言って、軽く考えてよいということではありません。生活・家事動線の失敗は、それこそ毎日の暮らしに不便さを生じてしまいます。そうならないためにも、キチンとおさえるべきポイントを知っておいてください。

注文住宅で注意すべき家事動線・生活動線とは?