知多5市エリアに建てたい人必見!注文住宅計画ナビ

知多市

本ページでは知多半島5市の中から、知多市を取り上げ、住みやすさや交通の便、特色や口コミなどを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

知多市の住みやすさや特色について、リサーチ

知多市は半島の名称ともなっている「知多」の名前を冠している行政区になります。地理的には半島の西側かつ東海市の南部という立地。また南側は常滑市と隣接しているという間柄になります。沿岸部には工業地帯、内陸部は農業という産業が発展していますが、それを可能としたのが、愛知用水が開発された恩恵であったとのことです。一方、レジャーの面では、「名古屋エリアから最も近い海水浴場」として知られる「新舞子マリンパーク」が所在。夏期の海水浴はもちろん、それ以外のシーズンは釣りなども楽しめる海浜公園となっています。

交通面では、市の北部で隣接する東海市の主要駅である太田川駅で分岐する、名古屋鉄道(名鉄)の常滑線が市内の西部、市内の東部は同じく名鉄の河和線がそれぞれ南北に縦断するかたちで走っています。そんな中で、市の中心となるのは常滑線の「朝倉駅」。ただし同駅は市役所や沿岸部の工業地帯への玄関口という性質が強く、周辺に商業施設などはあまりありません。スーパーやショッピングセンターなどは、市の内陸部に点在しているという感じになります。

子育ての面では中学生まで医療費無料、市内には11の小学校と5つの中学校を擁しており、また自然環境も程よくあるとの声が聞かれます。

知多半島・知多5市の住環境徹底比較

知多市の住みやすさは?居住者による口コミ評判

  • 「静かで程よく自然が多く残っています。自家用車さえあれば買い物にも困らないほどお店もあるので、住み心地は非常に良いと思います」
  • 「名古屋駅にもセントレアの空港にもアクセスしやすいのが便利です。またショッピングモールなども開店したので、買い物の利便性も上がりました」
  • 「朝倉駅は特急が停車するので、とても便利です。昔ながらの住宅地ですが、最近は新築なども増えているので活気あふれる町になりそうです」
  • 「正直、徒歩圏内には住宅地と農地しかないので、マイカーがないと買い物などは不便です。また坂道も多いです」
  • 「我が家の場合、国道沿いなので、騒音はそれなりにあります。一方で、通勤や通学に使う道には街灯が少なく夜は少し怖い気がします」
  • 「閑静なのはよいのですが、周りには何もなく、ちょっとした買い物にも、それなりの距離を移動しなければならず、24時間営業の店もほとんどありません」

注文住宅を建てるなら!
知多市対応の工務店5選を見る